無知を晒す

ふだんの出来事はこっちに書いてます: http://tana.hatenablog.com

新しいパートナーAPIがリリースされました

このクリスマスの日に side_tana の新しいパートナーAPIについてみなさんにアナウンスできることに大変興奮しています!

経緯





問題

パートナーの状態についてAPI経由で取得したいといった要求が急峻に高まっていることが知られています.また,これらのデータは一度デジタルデータにすることができれば,容易に配信可能であることが @tomohi_ro によって指摘されています.

そう,問題はいかに早く現実のステータスを反映するかにあります.

設計

本稿では SORACOM LTE-M Button と AWS IoT 1-Click, AWS Lambda function を用いることであらゆる状況においてステータス更新可能なシステムを実現しました.

f:id:side_tana:20181224003608p:plain

SORACOM LTE-M Button は名前の通り KDDI の LPWA を利用しており全国で使えるため,どういった場所でパートナーと結ばれても即時に状態を反映することが可能です.

デモ

ブツ

Public Read でございます.JavaScript SDKなら以下の感じで動く.

  const config = {
    databaseURL: "https://tana-partner.firebaseio.com",
  };
  firebase.initializeApp(config);
  const database = firebase.database();
  const rootRef = database.ref('/');
  rootRef.on('value', (snapshot) => {
    console.log(snapshot.val());
  });

更新方法

SORACOM LTE-M ボタンは通常のクリック以外に長押しもサポートされているので,今回は長押しを true,通常のクリックをfalse に割り当てました.ということで間違って押しても(あるいは振られても)状態を変えることが可能!便利!

犬さんは絶対にこれ使ってなんか作ってください.

終わりに

SORACOM LTE-M ボタンは標準で1500回の操作か1年間分の利用料が含まれています.つまりこれから1年が過ぎるか,僕が750人のパートナーに恵まれ,そして破局を迎えるその日までとりあえず利用できることになります.果たして出番は来るのか....?

まあとにかくこんな感じでガチャガチャ遊んでたら日付が変わってクリスマスになってしまったワケです.マジかー.メリークリスマス!

f:id:side_tana:20181224005537p:plain

QA

SLAを教えてください

ありません

本当に使われるんですか

知りません

ステータスと現実の状態に差異があった場合に補償はされますか

されません

サポート体制について教えてください

ありません

法人窓口はありますか

ありません

Legacy Partner API のEOLまでのスケジュールを教えてください

私はこれ以前にパートナーAPIをリリースしていませんので、どなたか別の方と勘違いされているのではないでしょうか?

パートナーリクエスAPIのロードマップを教えてください

申し訳ありません、現時点で公開できる情報はありません。